不動産売買

物件ありきの売買では、真に満足を得ることはできません。大切なのはお客様の目的や背景を踏まえて、いまほしいものではなく、将来必要になるものをプランニングします。まずはヒアリングをさせてください。潜在的なニーズを明確にすることで、ワンランク上のベストソリューションをご提案します。

不動産投資

投資の目的は何か。どんなリターンを得たいのか。あるいはどんな問題を解決したいのか。お客様が真に求めるものを把握したうえで、私たちの独自のノウハウを活かして不動産のキャパシティの拡大を提供します。不動産投資顧問業として、不動産金融の視点をもってアドバイスさせていただきます。

不動産分析

プロの知見による不動産の調査と分析は必須です。利用価値(自ら使う価値)、運用価値(貸与する価値)、換価価値(売買する価値)の3つのバランスラインを見いだし、お客様にとって確かな価値を創出します。

不動産評価

当社は不動産投資顧問業者として有料にて不動産の投資分析を主力にしていますので、プロの分析を「意見評価書」としてご提供できます。ご依頼いただいた不動産の取得・売却を想定した場合の最適利用用途を決定し、その決定用途に適した方法で分析。不動産取引のすべてを投資と対価の観点で検証することに加え、当社が蓄積する豊富な売買事例と実績データが、一般の不動産業者とは異なる目線によって精度を高めています。

売却前提の査定(無料)

原則として、売却を前提とした査定は無料とさせていただきます。不動産の評価から売却にいたるまで、すべて責任をもってサポートします。

投資価値に関する意見報告書(表紙の文言を入れる)による評価(有料)

不動産評価 料金一覧

不動産評価 料金一覧

相談・助言

不動産の売却・取得・運用、相続には専門的知識(法律・税務・建築・権利など)が求められます。法は弁護士、税務は税理士に相談するだけでお客様のお悩みや問題が正しく解決することは稀です。本当に大切なのは、お客様のご要望をふまえ専門家の意見を総合的に検討することです。不動産に関する悩み、疑問、課題に対し、知識を横断し高度なカウンセリングを提供します。

不動産投資顧問契約

企業経営者や個人の資産運用には必ず不動産が関係します。しかし、不動産はなじみ深い財産でありながら、わかりづらく、リスクもともないます。また、法改正によって大きな影響を受けることもあります。

お客様の不安を解消し、安心して企業経営に集中できる環境を提供するために「不動産投資顧問契約」をご提案いたします。不動産・税務・法務をはじめとする知識をもったアドバイザーとして、日々変化するリスクに対し、期間中は定額で何度でもサポートします。

必要性

  • 市場分析が難しく、不動産の判断は以前よりも困難な時代。
  • 思わぬ規制によって不動産の価値の低下や、利用の制限による流通性の鈍化が懸念される。
  • 不動産の投資判断(取得・売却・運用)ミスは経営を揺るがす可能性が大きい。
  • 株主に対する説明責任が重く、慎重な判断が必要。

メリット

  • 当社相談助言サービスがいつでも何回でも可能です。
  • 福利厚生の一環として、社員の方へ不動産セミナーを提供します。
  • 顧客へのサービスの一環として仲介手数料を割引いたします。(法人の場合、社員の方も対象です)
  • 不動産に関する問題が生じた場合、まずは当社が対応し、解決に努めます。
  • 会社や個人の財産権利を侵害するものに対し、積極的に防衛いたします。

相談を受ける流れ

  1. お電話もしくはメールでお申し込み
  2. 面談日時の決定
    原則として、初回は当社社長である武部、もしくは経営管理部長の不動がご対応いたします。※初回面談料は無料です。
  3. ご相談内容に応じて担当者を決定。

顧問契約 報酬の概要

不動産評価 料金一覧