大型マンション売却を
細やかにサポート。

あるお客様から一棟のマンションの査定のお話を頂戴しました。当時、稼働率は大変良く、今までの愛着もあるので、売却のつもりはなく、あくまで市場性を判断する為の査定でした。通常通りに査定をする為の現地調査・法令調査を行っていくうちに、その対象不動産の長短所を把握することができました。

現在の収益用一棟マンションとして、とても素睛らしい物件であるものの、建物のボリューム等が比較的大規模であり、今後の維持管理や対応が大変になると判断できました。その後、査定が仕上がり、所有者にその報告をするために、再度の面談を行いました。実際、所有者に直接ご説明を行い会話していくうちに、やはりお一人での管理が大変だったようで、少なからず売却の考えもあるとのことでしたが、その時はアドバイスのみを行いました。

暫くしてから、所有者から売却したい旨の相談を頂きました。そこで、再度詳細の調査を行っていくうちに、今後の購入者選定も法的・権利的・ボリューム的にも、時間がかかることが予測できました。ボリュームがある物件なので、手広くやりたい方や住居系が得意な方、 店舗系が得意な方などにヒヤリングし、 投資家の方を探しました。 どのような不動産もリスクはあるものの、我々仲介業者として、そのリスクを限りなく取り除き、安心し、満足して売却・購入していただくことが使命であるので、その業務を行い、購入検討者をみつけることができました。

しかし、今後将来的のリスク等を取り除いたとしても、最後に所有者の不動産に対する思い入れは、取り除くことができません。仮に、転売用の不動産になると、その不動産の品質が低下する可能性が発生するため、不安になるのも当然です。そこで、一つの提案を行いました。今まで所有者自身が長年の間、自社管理を行っているので、売却後も、購入者と連携をして、そのマンション運営を行っていくという提案です。それには、所有者も愛着のある不動産から完全に切り離れることもなく、購入者も長年の経験や慣習が活かされるため、賛同をいただけました。

このように、所有者にとっては肩の荷がおりた状態になったのもあり、買主も、所有者がそのまま買主の会社に在籍する形態になった為、互いに安心できました。今は共同で建物を運営しております。すべての不動産に通用できる手法ではないものの、やり方次第では、このように売却後も従前所有者と現所有者が、一つの不動産に携わり続けることも出来る不動産取引の一例です。

Go to TOP